この歯は残せるの?

この歯はのこせるの?(症例1、2)

右の下の奥歯が割れて、欠けました(白矢印)。この歯を抜いて、親知らずを使えないか、との相談でした。しかし、親知らずの根の先は下顎管と接触し下顎管が変形しています(赤矢印)。これは、下顎管との癒着の可能性を示す像で、癒着の場合、親知らずは矯正治療できません。

しかも、その奥歯の根の先に黒い透過像が認められ、この像は根が膿んでいることを示します。この歯は、根の治療の必要があります。さらに、割れて欠けた部分(白矢印)が骨の中まで進み、根の治療はこのままでは不可能です。多くの歯科医師は、この歯は抜去と診断するでしょう。

 

機器写真

赤矢印の歯は倒れて、歯周病です。この歯は抜去したらいいと、どの歯科医院でも言われたそうです。しかも、白矢印の歯は、矢印の先ままで虫歯が進み、黒矢印の部分に膿がたまっています。赤矢印の歯を抜去しても、この歯の根の治療は困難で、残せる保証はありません。歯は残せるのか、あるいは片方を抜去すれば、片方を残せるのでしょうか。