埋伏の原因 導帯管

導帯管とは

永久歯の形成が行われる場所から歯槽頂部まで萌出を誘導する道標。
歯嚢から歯槽頂部までの骨内を貫通する線維性結合組織
歯科用CBCT画像で確認できるが、パノラマX線写真では抽出が困難である。


 

模式図 矢印黄色部分が歯導帯。これはCBCTにて観察される。

導帯管の走行が弯曲することが、萌出障害の原因の一つの可能性。
導帯管内に一致して、歯牙腫が形成されることが報告された。その発生原因に注目が集まっている。
Oda M, Miyamoto I, Nishida I, et al. A spatial association between odontomas and the gubernaculum tracts. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2016 ; 121(1) : 91-95.
Ide F, Mishima K, Kikuchi K, et al. Development and growth of adenomatoid odontogenic tumor related to formation and eruption of teeth. Head and Neck Pathol. 2011 ; 5(2) : 123-132.


模式図 導帯管内に一致して歯牙腫が存在することが報告された。

 

導帯管から歯胚洞内の滲出液は絶えず流れ出ていると考えられる。
この滲出液は導帯管が閉塞すると、歯胚洞内に充満する。滲出液の洞内圧力が高まると萌出を傷害することが示唆される。
これが濾胞性歯嚢胞(含歯性嚢胞、dentigerous cyste)と考えられる。